テニスレッスン動画によるイメージトレーニングで、あなたのテニスは劇的に上達する

テニスの正しいフォームを教えてくれたのは、YouTubeのテニスレッスン動画だった

テニス歴30年あまりというのも恥ずかしいぐらい、私はこの30年余りずっとサーブが下手くそでした。
いくつかスクールにも通いましたが、サーブの打ち方を身につけることはできませんでした。
スピンサーブやスライスサーブを打ちたいと思いながらも打ち方が分からず、いいかげんな打ち方のフラットサーブで押し通してきました。

そんなわけで私のサーブは安定せず、大きくアウトしたりネットしたりで、ダブルフォールトで自滅したり、ただ入れにいっただけのサーブをレシーバーに強打されたりで、サービスゲームのキープもままなりませんでした。

こんな状態を打破したいと思って、本を読んだり、コーチに聞いたり、上級者に教えを請うたりしましたが、どうしてもサーブの打ち方が分からない。

悩みに悩んで、あるとき、インターネットでサーブの打ち方を検索してみました。
ネット上のYouTubeには驚くほどの数のテニスレッスン動画があります。
かたはしから見ているうちに、サーブの打ち方を克明に説明している動画をいくつか見つけたのです。

それらの動画は、このサイトでもご紹介していますが、私がいままで知らなかった、そして私が通ったスクールのコーチたちも教えてくれなかったサーブのコツを詳細に説明していたのです。
それらの動画は、私がいままで抱いていたサーブのフォームのイメージがまったく間違っていたことを教えてくれました。

サーブだけではありません。私が苦手だったバックハンドスライスやスマッシュの打ち方のイメージも、YouTubeで見つけた動画によってすべて間違いだったことを知りました。

それらの動画が教えてくれたフォームを私は頭に焼きつけて、同じフォームで打とうと練習を重ねました。
すると、いままで打てなかったスライスサーブやスピンサーブ、バックハンドスライスが、完璧とは言えませんが、それなりに打てるようになったのです。

わずか数分程度の動画を何本か見ただけで、いままでできなかったことができるようになった。
何年も通ったテニススクールはいったい何だったんだ? と思うほどのうれしいけれども悔しい衝撃でした。


私たちの疑問に正しく答えてくれるテニススクールやテニスコーチはめったにいない

テニススクールはテニスを始める人にとっては役に立ちます。基本的な事柄を教えてくれて、ボールを打つ練習をさせてくれる。
でも、ある程度ボールを打てるようにはなっても、それから先の上達が難しい。スクールによって、コーチによって上達の速度がまったく違ってしまいます。

たとえば私が苦手だったサーブの場合、コーチはラケットの握り方やトスの上げ方を説明した後、実際に打って見せて、このようにやってみてください、と言うだけです。ボレーやスマッシュでも同じです。
同じようにやったつもりでも上手くゆかない。それはなぜなのか、どうすれば上手く打てるのか、体の動きや、ポイントをわかりやすく説明できるコーチはめったにいません。

コーチの多くは学生時代にテニスをやり、それなりに活躍した人たちです。彼らはテニスが上手い。しかし、下手な人に説明する能力はないのです。
プレーヤーとして優れていても、指導者として優れているとは限らないとはよく言われていることです。

初心者や初級者、中級者の悩みを解決してくれるコーチは存在するとは思いますが、多くはないのです。私が通ったいくつかのテニススクールにはいませんでした。

インターネット上にテニスレッスン動画を公開しているのは、その数少ない優れたコーチたちです。
フォームを言葉で説明できる能力を持っている人たちです。


テニス上達のコツは、正しいフォームを理解して、それを体に覚えこませることである

人間の体は頭の中で動作をイメージすると、その動作に必要な部分の筋肉も反応するのだそうです。
言いかえると、人間の体は頭でイメージしているフォームを実現しようとする。

ですから、テニスの正しいフォームを身につけようと思うなら、正しいフォームを映像としてしっかり覚えこんで、練習の際にそれを頭の中でイメージすることが効果的だということになります。

逆に言えば、間違ったフォームのイメージを持っていれば、間違った動きしかできないということです。

私のサーブのイメージがいい例です。私は長い間、間違ったイメージを持っていたためにサーブが苦手でした。
でも、動画で正しいフォームを見て、なぜそのフォームなのかという理由を理解してからは、私のサーブは変わったのです。

このサイトでは、初級・中級の私たちの誤ったイメージを修正してくれるテニス動画を集めました。
なぜそういうフォームでなければならないのか、そのフォームの注意点は何かなどを言葉でていねいに説明しているものや、スローモーションでわかりやすく教えてくれているものを厳選しました。

テニスがもっとうまくなりたい、試合で勝てるようになりたいと願う週末テニスプレーヤーのあなたのお役に立てば幸いです。

最近の情報

速いサーブに対するリターンのコツはテークバックにある

速いサーブが苦手な人は多いですね。 速いサーブはあっという間に差し込んでくる。 つまり打ちたい打点をあっという間に通過してきて、リターンミスになってしまいます。 いわゆる「振り遅れ」状態です…続きを読む

テニスダブルスで勝つために、壁打ち練習でボレーの苦手意識を克服しよう

ダブルスではボレーができないと勝てません。 特に前衛の仕事はボレーで決めることですから、ボレーが苦手だとせっかくのチャンスにポイントをとれません。 私もボレーが苦手です。苦手な理由は練習量…続きを読む

テニスダブルスで勝つための技術は一人練習でマスターできる!     究極の壁打ち練習法を見つけた!

初中級の人がダブルスで負けるのは、相手の戦術に翻弄されてしまうということもありますが、最も大きな原因は、凡ミスです。 各種ストロークの技術が未熟であるために、凡ミスを連発して相手にポイントを…続きを読む

テニスダブルスで勝つための壁打ち練習|正確にコースを狙えるフォアハンドストロークの鍛え方

ラリーの練習ではミスがないのに、ダブルスになるとストロークでミスを多発してしまうという人がいます。 私もかつてはその一人でした。 ダブルスでは前衛がいます。この前衛が邪魔なんですね。 下手…続きを読む

テニスダブルスの上級者のゲームではロブを滅多に打たないのはなぜだろうか

ご婦人ペアのロブ攻勢に毎回負け続けている情けない男子ぺアの私 私の会員制テニスクラブでは、ダブルスでご婦人ペアと対戦することがありますが、中級レベルの男子ペアが負けることも多い。 ご婦人…続きを読む

テニスダブルス|ラリーが延々と続くゲームは戦術がない下手なゲームなんだ、と元国体選手が言った

私は会員制テニスクラブ入会当時、ダブルスのラリーでミスばかりしていた 会員制テニスクラブに入会したばかりのころ、私はダブルスの試合で負け続けていました。 どこのクラブも同じだと思いますが、…続きを読む

アングルボレーでネット際にボールを落とす、思っていた以上に簡単でした

相手コートの端のネット際にボールを落とすアングルボレー。 うまく決まれば、相手はボールに追いつけない。あるいは追いついてもネットを超すためにスピードのない浮いたボールしか打てず、それをボレー…続きを読む

テニスダブルスで勝ち続ける人は、ストロークで強打しない、ということに気づいた

テニスダブルスで勝ち続けている人に共通して言えることは、「ストロークで強打しない」ということです。 私は毎週通っているテニスクラブで、ダブルスがうまいと言われている人のゲームを観戦するのが…続きを読む

テニス・ボレーのイメージトレーニングに最適の映像がこれです、見るだけでボレーをマスター!!

この映像もボレーをマスターしたいと思っている初級・中級の私たちには貴重な映像です。 何も考えずに、ただひたすら見続ける。 それだけで、あなたのボレーは見違えるようにうまくなるはずです。 見続…続きを読む

テニス・ボレー:この映像を頭に焼きつければあなたのボレーは変わる!!

この映像をひたすら見続けてください。何度も何度も。 私は何度見たか忘れてしまうほど繰り返し見ました。 夢にまで出てくるほど何度もみました。 理屈はいらない。コメントもいらない。 とにかく、…続きを読む


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0